はようございます!タツミです。

 

「セリフが同じ言い方になってしまいます…」

 

この罠にはまってしまうと
誰もが抜け出せなくなり、
自分が何をしているのかわからなくなります。

 

僕も昔はよくやりました。

 

何度繰り返しても同じ言い方で
「お前はロボットみたいだ」
「変化が聞こえない、気持ち悪い」

 

そう言われ続け、
僕には才能がないのかなと悩んでいました。

 

ですが、今ではある練習法を取り入れただけで、
その罠から抜け出すことができたのです!

 

この練習方法に取り組むと仲間からは
注目の的になることができますし、
気になってるあの子もあなたのことを

 

 

「◯◯くんてかっこいい」
「◯◯くんて素敵」

 

と感じるようになります。

 

逆に、取り組まなければあなたは今まで通り
セリフが変わらず「ロボットみたいだ」といわれ
気になるあの子には「ダサい」と思われて、
一生仲良くなることはないでしょう。

 

 

「なんですか、その練習法って!」

 

 

ずは、なぜセリフが同じ言い方に
なってしまうのかという理由からです。

 

 

それは

「あなたに設定がないから」です。

 

そして、

「設定がないのに表面に囚われているから」
です!

 

 

表面とはまさに「セリフの言い方」です!

 

 

セリフの言い方が変わらないのは
「設定がなく、内面が変わらないから」
なのです!

 

 

れから、簡単にできる
セリフ練習法をお伝えします!

[STEP1]

「ありがとう」や「ごめんなさい」のような
一言のセリフを決める。

なるべく一言で終わるものにしてください。

 

[STEP2]

決めたセリフに関して
「どういう状況で言うか」考える

「ありがとう」なら、
友達に欲しかったジュースを
買ってもらったときに言う「ありがとう」と

 

放課後に呼び出され告白されたときに言う
「ありがとう」では全く設定が違います。

なるべくたくさんの設定を考えてください。
最低5つは出しましょう。

 

[STEP3]

ボイスレコーダーを用意しましょう。
スマホのアプリでもOK!

 

[STEP4]

考え出した設定を使ってセリフを言い、
ボイスレコーダーで録音しましょう。

 

[STEP5]

全部録り終えたら、聴き比べてみてください。

これをやるかやらないかで、
表現力に大きな差がうまれます!

 

つまり、これをしなければ、
あなたは差をつけられていくばかりということです。

 

仲間からは相変わらず冷ややかな目で見られ、
何をやってもダメだと貶され、
みんなの笑い者になるのです。

 

気になるあの子は、
別の演技ができてかっこいい人と
どんどん仲良くなっていくのです。

 

 

れが嫌なら、
今すぐ一言のセリフを決めてください。

たった一言でいいので選んでください。

決められないなら「ありがとう」を使って
設定を考えてください。

 

この記事を読んで質問や感想があれば、
是非コメントしてくださいね。
相談も随時受け付けてます!

 

ここまで読んでいただき、
ありがとうございました。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事を読んで「いいな」って思ってくれた方は
下のボタンをクリックしてくれるととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ