はようございます!タツミです。
今回の関門は、
無声化よりも難易度は低めです。

 

ですが、できない人は
とことんできないものでもあります。

 

最近では甘く見てくれる音響監督さんも
増えてきているみたいですが、
やはり「できる」方が絶対にいいので
身につけておくべきです。

 

 

これができると
あなたの日本語はより綺麗に聞こえ、
人々を魅了する声となるでしょう。

 

 

逆にできないと、
言葉がきつくトゲトゲしいものになり、
相手に不快感を与えてしまうでしょう。

 

「あなたの声素敵!」
と思われるか
「てめぇの声クソだな!」
と思われるか。
その鍵を握っているのが
今回のテーマ、

 

「鼻濁音」です。

 

濁音も無声化と同じく、
西日本では馴染みの薄い言葉になります。

 

鼻濁音とは、

 

「が、ぎ、ぐ、げ、ご」のガ行の音を
「ンが、ンぎ、ンぐ、ンげ、ンご」と
鼻に抜くように発音することを言います。

 

アクセントの表記としては
「カ゜、キ゜、ク゜、ケ゜、コ゜」
と記します。

 
語中のガ行や助詞の「が」は、
基本的に鼻濁音で発音されます。

 

音楽→オンカ゜ク
小学校→ショーカ゜ッコー
私が→ワタシカ゜

※ただし、外来語は
語中のガ行を鼻濁音にはしません。

 

では、実際に鼻濁音を発音してみましょう。

 

[STEP1]
「ンー」と軽くハミングをする。

 

[STEP2]
ハミングの状態から「ガ」と発音する。
※「ンーガ」となっているはずです。

 

[STEP3]
ハミングの長さを短くしていきます

 

[STEP4]
ハミングをせずにカ゜と発音します。

 

慣れないと鼻濁音は
本当に不自然に聞こえます。
今のうちから慣れておきましょう。

 

でないと、せっかくのイケメン主人公を演じたときに、
「言葉が汚い、かっこ悪い」
などと言われ散々な評価をもらうことになります。

 

なら今すぐハミングを始めましょう。
ンーと声に出してみましょう。
ンーと声に出し、そのまま「ガ」と発音してみましょう。

 

 

この記事を読んで感想や質問があれば、
是非コメントしてくださいね。
相談も受け付けてますよ。

 

 

ここまで読んでいただき、
ありがとうございました。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事を読んで「いいな」って思ってくれた方は
下のボタンをクリックしてくれるととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ