はようございます、タツミです。

 

誰もが、一番いい演技をしたいと思っています。

そのために、日々トレーニングをしています。

 

その中で一番問題になるのは

「完璧さ」というところです。

 

完璧を目指すあまり、何もできなくなるのです。

 

私はまだ完璧にできないから…。

 

そういう言い訳のように「完璧」を使う人がいます。

本人にその気はないと思うのですが…。

 

正直に言うと「完璧」なんて存在しないのです。

完璧は存在しません。

 

あるのは、「ただあなたが全力でぶつかる」ということだけです。

演技の世界に終わりはありません。

完璧というのは幻想なのです。

 

完璧な演技をするという考え自体が

間違っているのです。

 

「完璧」という幻想に囚われて

身動きが取れなくなる人がたくさんいます。

 

常に自分を高めていくこととと

完璧さを目指すことは違います。

 

完璧にやろうとせず、ただ「全力」でやればいい。

100点を取ろうと思わず、100%やればいい。

 

その100%の取り組みが、

あなたの実力を引き上げてくれます。

 

努力が無駄というわけではありません。

そこは勘違いしないでくださいね。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事を読んで「いいな」って思ってくれた方は
下のボタンをクリックしてくれるととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ