はようございます、タツミです。

 

昨日は池袋で後輩に誘われて飲んでました。

彼は今、舞台の稽古をしていてこんなダメ出しをもらったそうです。

 

「全然恋人同士に見えない。

恋人同士の情緒がない」

 

彼は20数年の間、恋人を一度も作ったことがなく、

恋人同士がどんな感じなのか

経験してないからわからないというのです。

 

ここで問題になるのは、

「経験してないからわからない」

という点です。

 

演技をするのに全てのことを

「経験」しなければいけないのでしょうか?

 

もちろん、経験した方が実感は持ちやすいです。

 

ですが、「経験できないもの」もたくさんあります。

例えば、人殺しの役をするのに人殺しの経験は必要ですか?

 

そんなことできませんよね?

 

それと同じことがどの演技にも言えます。

経験は演技を掴むためのきっかけに過ぎません。

 

それを補うのがイメージです。

想像力を駆使して、理解するのです。

 

0からの想像が難しいなら、

自分の似たような経験を元に想像するのです。

 

また、想像のタネをたくさん作るためには

「人間観察」も有効です。

 

自分の経験はどんなことに活かせるかわかりません。

いろいろな経験はしておいた方が役に立ちます。

 

そして、人間観察です。

 

恋人の関係を経験したことがないなら、

街中のカップルをたくさん観察したら良いのです。

 

同じカップルだけでなく、いろいろなカップルを。

そうしたら、「あ、カップルってこういうことか」と

何か気づくことが出てきます。

 

経験しなきゃ演技できない?の答えはNO!です。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事を読んで「いいな」って思ってくれた方は
下のボタンをクリックしてくれるととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ