はようございます、タツミです。

 

最近レッスンをしていて、
「セリフに頼りすぎている」ということを
とても感じるようになりました。

 

「いかにセリフを言うか」ということは
大切なことなのですが、
「セリフを言うこと=演技」ではありません。

 

セリフはほんの一部でしかありません。

 

セリフに頼りすぎると
「セリフを言おう」という意識が前面に出やすくなります。

 

セリフによって、何かを伝える前に、
表現者としてのその人の「言おう」という意志が
見えすぎてしまうことがあります。

 

そのときには
「セリフを言おうとしないで」や
「セリフに頼って演技しないようにして」
というようなことをお伝えしています。

 

具体的にどう変わっていくかは、
また細かなダメ出しをして気づいてもらうのですが。

 

声優にとって「自分のセリフ」が
演技の全てと思っている人は多いですが、
セリフ言うことよりも、演じる上で大切なことがあります。

 

一度、じっくりと考えてみてはいかがでしょうか?



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事を読んで「いいな」って思ってくれた方は
下のボタンをクリックしてくれるととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ