プロの声優としてのスタートラインについて

投稿日:

はようございます、タツミです。

 

声優志望の多くの方が、

プロの声優になりたいと思っているはずなのですが、

肝心なことを忘れているように思うのです。

 

「専門学校を通う」「養成所に通う」

そうすれば、「プロの声優になれる」

 

そう思っている人が多いように思います。

 

ですが、厳しいことをいうと

「それでプロになれるのはごくわずか」

なのです。

 

学校や養成所に通うのは準備期間

養成所や専門学校に通うのは

プロのスタートラインではありません。

 

そこはまだ「準備期間」なのです。

 

多くの志望者が、

「専門学校に通えばプロになれる」

「養成所に入れば事務所に入れてもらえる」

そういう考えで通っているように思います。

 

ですが、実際はそうではありません。

 

「養成所や専門学校から直接所属になるのは

生徒全体のうちの数%でしかない」

 

これが一つの事実です。

 

養成所や専門学校に通うというのは、

プロになるための第一歩を踏み出したにすぎず、

「プロとしての一歩」を踏み出したわけではないのです。

 

本当のスタートライン

プロとしてのスタートラインは

「事務所に所属すること」から始まります。

 

何度も言っていますが、

「養成所や専門学校に通う」だけでは

事務所に所属することは困難です。

 

毎年一つの養成所に40人から

多いところでは100人近くが入所します。

そのうち事務所に所属できるのは数人です。

 

ただ養成所や専門学校のレッスンを受け

課題をこなしているだけで

その数%に入るのはとても難しいことがわかるでしょう。

 

課題をこなすのは当たり前

養成所、または専門学校に入り、

レッスンを受け、たくさんの課題をもらうでしょう。

 

その課題をこなしていくのは

「当たり前」のことです。

 

ですが、多くの志望者は

その当たり前のことすら「やらない」人がいます。

 

僕が見ているとどうしても

養成所に入れたから、専門学校に入れたから

「プロになれて当たり前」と思っているように感じるのです。

 

養成所や専門学校は

プロになるためのスタートラインであって、

プロとしてのスタートラインではありません。

 

それを肝に銘じて欲しいと思います。

 

プロになるために必要なこと

養成所や専門学校の課題をこなしていて

プロになる人はごく僅かです。

 

その人は「才能」「センス」があり

人より優れていると見て取れるものがあるのでしょう。

 

ですが、多くの人に

「才能やセンス」はありません

 

当たり前のことを当たり前にやって

それでプロになれるのであれば

数%の「才能ある人」なのです。

 

そうでない人たちは少なくとも

「当たり前以上」に何かをするべきでしょう。

 

どうしたらよいのでしょうか?

それについてはまた次回お話しましょう。

 

 

 

養成所や専門学校は

プロのスタートラインではありません。

 

事務所に所属してからが

本当のスタートラインです。

 

プロの声優になりたいと思っているのであれば、

これを肝に銘じておいてください。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事を読んで「いいな」って思ってくれた方は
下のボタンをクリックしてくれるととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ

336ad

336ad

-声優に必要な考え方
-, , , ,

Copyright© 声優講師タツミの公式ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.