あなたの夢を邪魔している「悪魔の言葉」とは??

更新日:

おはようございます!

 

演技に才能はいらない!
あなたの「演技の壁」をぶち壊す
アクティングディレクターのタツミです。

 

ツイッターでは少しつぶやいていましたが、
ラジオパーソナリティーをやります!

 

都内のFM局の一番組ですが、
メインパーソナリティとして
ラジオに出演してほしい
オファーをいただきました。

 

生徒をアシスタントに据えて、
番組進行できないかとも考えています。

 

コミュニティFMといっても、
今ではスマホやパソコンから
日本全国どこからでも聞ける時代になりました。

 

⇒【ラジオについて】

 

さて、今日は誰もが使いがちな
「でも」「だって」についてお話しします。

 

でも○○だから…
だって××じゃん!

 

そうやって話していると
「言い訳するな」と言われることでしょう。

 

これをするとどんどん周りから人が離れ、
どんどん理想の自分から遠のいていきます。

 

それくらい「注意した方がいい言葉」なのです。
まさにこれは「悪魔の言葉」なのです。

 

あなたの足を引っ張って、
邪魔をしているのです、

 

でも、だってに現れる人間心理

「でも」「だって」という言葉は、
本当に多くの人が使う言葉です。

 

僕がレッスンをしているときにも
「○○をやってみようか」と言うと
「でも××だし」という答えが
返ってくることがあります。

 

この言葉を使っていると、
多くの弊害が生まれます。

 

1.否定的な人間と認識される

「でも」「だって」は、
逆説の接続詞であり、
その言葉の後に続くのは基本的に
「否定的な言葉」となります。

 

この言葉をたくさん使う人は、
周りの人から「否定的な人」
「頑固な人」「ネガティブな人」という
マイナスイメージを持たれることが多いです。

 

2.理想の状態から遠のく

「○○しよう!」と提案されたとき
「でも」「だって」という言葉が続く場合、
自己防衛のための仕組みが働いています。

 

・無理したくない
・今のままでいい
・実行するのがこわい

 

無意識のうちにそう思っているのです。

 

人は本能的に「現状維持」を望んでいます。
「でも」「だって」と出てしまうのは、
無意識に望んでいるからです。

 

ですが、「現状維持」のままでは、
叶えたい夢や目標は叶わないままです。

 

でも、だってを禁止する

簡単でもっとも効果があるのは、
「でも」「だって」という言葉を
普段から使わないようにするのです。

 

友達との会話、LINEなど、
普段の話し言葉、書き言葉から
「でも」「だって」を使わないようにします。

 

やることは、たったこれだけです。
シンプルですが、とても効果があります。

 

以前メルマガでも言ったことがありますが、
プロになって食っていくためには
「覚悟」が大切なのです。

 

「でも」「だって」を使わなくなると、
自然と覚悟することを身につけていきます。

試してみてください。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事を読んで「いいな」って思ってくれた方は
下のボタンをクリックしてくれるととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

   にほんブログ村 アニメブログ 声優へ

336ad

336ad

-コラム, 声優に必要な考え方
-, , ,

Copyright© 声優講師タツミの公式ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.