はようございます、タツミです。

 

僕は現在、声優として、声のお仕事をしている他、
舞台俳優として舞台に立ったり、舞台演出をしたり、
音響監督としてディレクションや編集を行ったりと、
演技の業界でお仕事をしています。

 

でこそ、いろいろなところからお声をかけていただき、
東京で表現者として仕事をするようになりましたが、

もともとは生まれも育ちも、
田んぼと畑に囲まれたド田舎、

方言バリバリの地方出身者でした。

 

僕が住んでいた当時は、近所にコンビニもなく
電車は30分に一本しかないローカル線、
休日に遊びに行くところといえば、
イオンショッピングモールでした。

 

んな僕が、

「声優になりたい!」

と強く思ったのは中学2年生のころ。

 

「スクライド」

というアニメを見たのがきっかけでした。

 

アニメが好きで、漫画が好きな、
いわゆる「オタク」だった僕は、

「自分もこんな作品に出たい」

と強く思うようになりました。

 

声も特別かっこいいわけでもない、
スタイルは”良い”どころか、”完全なるデブ”
学校の成績もやっとオール3が取れる程度で、
決して恵まれた才能があったわけではありません。

 

「早く演技に触れたい」

 

そう思って、僕は高校に進学してから
演劇部に入部しました。

 

 

れといって才能もなかった僕は、
初めての配役オーディションで

「お前ロボットみたい」
「なんの感情もない」

と、散々の評価。

 

一緒に入部したクラスメイトは、
堂々の主役を掴んでいました。

 

悔しくて悔しくて、たまりませんでした。

 

もっとうまくなりたい、
もっと技術をつけたい、
みんなを感動させる演技がしたい、

そう、強く思いました。

 

 

れから、演劇書を読み、
演劇部の基礎練に励み、
うまくなりたい一心で
必死に勉強しました。

 

その甲斐あってか、
進路を決める高校3年生の夏、
有名な声優養成所に合格。

 

高校卒業後、田舎を出て、
東京で一人暮らしをしながら
その養成所に通うことになりました。

 

 

成所では演技経験者も少なく、
すでにある程度の基礎ができていた僕は、
講師からの評価も高く、
なんと卒業公演の主役を務めることに!

 

しかし、稽古が進むにつれて、
演出家のダメ出しに対応しきれず、
演技に行き詰ってしまいました…。

 

「全然変化しない」

「ずっとお前のままじゃないか、役になれ」

 

そして、ついには…

 

「お前を主役にしたのが間違いだった。

お前はもういいや、別の奴に主役を任す」

 

本番2週間前のことでした。

 

「あいつは口だけで何もできない」

「えらそうなこと言ってたくせにこのザマかよ」

 

クラスメイトからはそうバカにされました。

 

業公演での大失態。
もちろん事務所に入れるわけもなく、
僕は養成所を卒業することになりました。

 

それから僕は、二度とこんなことにならないように、
さらに勉強を続けていきました。

 

「台本の読み方」と「演技の方法論」を中心に、
舞台系のワークショップで様々なやり方を学び、
演劇書を買いあさっては、
独学で勉強を続けていきました。

 

 

そして、あることに気づいたのです。

 

いろいろな演劇書で演技の重要なところを見ていくと、
どの演劇書でも同じようなことを言っている。

 

台本の読み方で大切なポイントは、言い方は違えど、
どの本でも同じようなことを言っている。

 

 

「本質は変わらない」

 

それは、たくさんの本を読み、
たくさんの演出家から学び、
音響監督から学び、役者から学んだ結果、
スっと理解できたことでした。

 

ここまで来るのに、
養成所卒業から5年、
遠回りをして遠回りをして、
ようやくたどり着いたのです。

 

才能もセンスもなかったから、
知識と技術で演技力を高める方法を
見つけ出すことができたのです。

 

の結果…

300人規模の舞台でのお客様アンケートで、
人気投票堂々のNo.1を獲得。

 

しかも、2位とダブルスコア以上の差をつけての
圧勝でした。

 

演技は「才能やセンス」に左右されるものではなく、
確かな知識と、正しい技術さえあれば、
誰もができるようになるもの。

 

そう確信するようになりました。

 

才能やセンスに左右されるより、
確かな知識と技術で演技に取り組めば、
安定した演技力を発揮することができる。

 

それは養成所で言われていたこととは、
まったくの結論でした。

 

「才能がないなら無駄だからさっさと諦めろ」
「センスねぇなあ…やめたほうがいいんじゃないの?」

それがある講師の口癖でした。

 

才能とセンスでできないとしても、
正しくアプローチしたら演技は誰にでもできるのです。

 

そう気づいてから、
僕は自分の演技論を体系的にまとめてきました。

 

ここまでたどり着くのに、
10年近くかかりましたし、
数百万ものお金をかけてきました。

 

その結果として、仕事に呼ばれるようになり、
お客様アンケートの人気投票で
No.1をもらうまでに至ったのです。

 

そして、僕は決意したのです。

 

今後学んでいく人が
以前の僕のように遠回りして
時間とお金を浪費してしまう前に
同じ目標に向かっている仲間を助けたい!

 

 

時間は有限です。

その貴重な財産を浪費することは、
人生そのものを浪費していることと
同義だと思います。

 

僕のように声優養成所に合格しても、
一つの失敗で水の泡です。

 

そんなことにはならないために
僕が学んだ知識と経験を若手の指導で伝えています。

 

それを読んで聞くことで、
少しでもあなたの
目標への道しるべになればと思います。

 

まだまだ僕も発展途上です。

 

「表現者は死ぬまで勉強だ」
そう言われている理由が今ならわかります。

 

若い世代を教えていきながら、
僕自身も学び続けています。

 

 

常によりよい方法を探して、
自分の教え方、演技論が良いものになるよう、
教え子がより活躍していけるよう、
模索し続けています。

 

 

後に・・・
自分の好きなことをして生きていく
人生は最高です。

 

僕と出会うことで、
あなたの人生が最高になったら
僕も幸せです。

 

長くなってしまいましたが、
ここまで読んでいただき
ありがとうございました!

更新日:

Copyright© 声優講師タツミの公式ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.