声優になりたい!

そんなあなたの夢を手伝いたい思いで、

僕は演技講師をしています。

 

 

僕は誰もが演技ができる、
才能やセンスの有無に限らず、
評価される演技ができると
本気で思っています。

 

 

そして、そのために
日々勉強をし、自分自身で試し、
論理的に技術的に伝えられるものを
みなさんにお伝えしています。

 

 

安定して演技ができるように、
求められているものを的確に表現できるように、
それは「誰もが身につけることができる技術」なのです。

 

 

それが僕にとっての演技です。

 

簡単に僕が演技についてどんなことを教えているか、

こちらの5分弱の動画をご覧ください。

 

 

 

 

 

演技の才能がないんです…

演技がうまくならないんです…

滑舌が悪くて…

発声ってどうすれば…

 

 

日々いろいろな質問をいただきます。

これを読んでいるあなたも、

そんなお悩みをお持ちかもしれません。

 

特に演技に関しては、

毎日全国からたくさんの質問をされます。

 

感情表現ってどうしたらいいのでしょうか?

台本を読めって言われるけどよくわかりません。

演技がうまくなるにはどんなことをしたら?

 

そう感じることも、そう悩むことも、

とてもよくわかります。

 

その理由はとても簡単です。

 

養成所や専門学校では、

演技のこと、台本の読み方など、

ほとんど教えてくれません。

 

例えば、難しい数学の方程式があったとします。

学校の勉強では、少なくとも

 

1.方程式の使い方

2.方程式を使った演習

3.その解答になるのはなぜかという解説

 

は、授業で教わると思います。

 

 

ほとんどの講師が

1.演技がどういうものなのか教えてくれない

2.とりあえず、表面的なダメ出しをしている

3.どうしてそういう演技になるのか解説してくれない

 

シンプルに考えてみてください。

 

 

もしこれで演技がうまくなるなら、

それは「才能があったから」といえるかもしれません。

 

では、数学の問題を解くのに、

1.方程式の使い方

2.その方程式を使った基礎演習

3.その解説

 

それを勉強したら、

数学の問題は解けませんか?

 

そこに「才能」は必要でしょうか?

 

演技とは、「演じるための技術」です。

「技術」があるということは、

そこには「理論」が存在するということです。

 

 

あなたが「演技が下手」なのも

「才能がない…」と思うのも、

 

演技を論理的に構築して、

それを指導するためのスキルを持った人が、

養成所や専門学校で教えていないからです。

 

 

 

 

演技を論理的に分析し、

それを論理的に指導できるスキルが、

今の声優講師にはほとんどいません。

 

そのような指導をする人は皆無といっていいでしょう。

 

今のまま

「演技がうまくならない…」

「あいつはうまくなっているのに俺は…」

「演技がよくわからない…」

 

と悩み続けた挙句、

 

「俺には才能がないから諦めます…」

 

と夢を諦めて、満員電車に押しつぶされながら通勤し、

仕事で失敗しては上司にこっぴどく叱られ、

楽しくもない仕事を泣きながら行い、

馬車馬のように働くサラリーマンになりたいですか?

 

それとも、

「才能」や「感性」「センス」という

曖昧な言葉でごまかされず、

理論に基づいてしっかりとした「演技」を構築し、

安定した演技力を身につけるだけでなく、

個性的で魅力的な演技ができるようになりたいですか?

 

 

この状況を変えたい。

多くの人が本気で目指して、

本気で夢を叶えられるようにしたい。

 

それが僕の今の夢でもあります。

 

そして、養成所や専門学校でレッスンを受けても、

あなたの演技が伸びない原因がもうひとつあります。

 

 

養成所や専門学校では、だいたい20~30人くらいで、

1クラスが編成されます。

 

例えば3時間という限られたレッスン時間の中で、

30人の生徒を教えなければならないとしたら、

一人当たりにかけられる時間はどれくらいでしょうか?

 

単純に計算すると、一人の指導に使える時間は、

6分

しかありません。

 

 

 

限られた時間の中でたくさんの人を教える場合、

「あなたのための個人レッスンはできない」ので、

みんなで同じことを勉強する

という方法を取ることしかできないのです。

 

・この分野が苦手だからもっと掘り下げて知りたい。

・ここもう一段レベルを上げたいから突き詰めてレッスンしたい。

 

そんなあなたの前向きな姿勢とは何の関係もなく、

全員が足並みを揃えてレッスンを進めることになります。

 

学校の授業とまったく同じですね。

 

これではできる人はできる、

できない人はどこまでもできない、

という学校の成績とまったく同じことが起こってしまいます。

 

 

その人の得意不得意に合わせた指導、

科目ごと、レベルごとにその人にあった指導をすることで、

初めてその人の学力を伸ばすことができます。

 

日本の声優、演技教育に関して、

この「学校教育のシステム」が基本となっている以上、

才能のあるなしに関わらず、

 

一定数は必ず落ちこぼれるシステム

なのです。

 

 

あなたのレベルをしっかりと見極め、

あなたの段階に合わせて指導し、

一人一人に対してきちんと時間を取る。

 

それが養成所や専門学校に足りない、

大人数のグループレッスンの問題点です。

 

 

海外の演技論から、国内の演技論、

台本分析や演技術、演出術、

会話術から教え方の技術まで、

 

さまざまな方法論を駆使して構築した

「アクティングアプローチ」を使って

タツミが少人数レッスンであなたを指導します。

 

 

よくわからない人からレッスンを受けるなんて、

それってだまされてるんじゃないの?

詐欺なんじゃないの?

 

 

そんな不安な人もいると思います。

 

あなたの不安を少しでも解消するために、

僕のレッスンを受けた方の感想を

ちょっと聞いてみてください。

 

 

 

 

まだまだほんの一部です。

 

ありがたいことに多くの受講生の方から

大好評の演技レッスンとなっています。

 

 

 

 

「有名声優が講師」という専門学校の売り文句があります。

しかし、ここに大きな罠があるのです。

 

それは、

 

声優としての技術と演技指導の技術は

全くの別物である、ということです。

 

特に日本では演じるということに関して

根性論精神論感覚で教える指導者が多いのです。

 

 

ですが、感覚や感性は、人それぞれ違っています。

それを土台にして教えるということに

大きな矛盾があるのです。

 

僕はよく演技を料理に例えるのですが、

感覚で演技を教えるということは、

料理教室で料理を学ぶのに、

材料や調味料がすべて「目分量」ということと同じです。

下手をしたら作る手順まで「おまかせ」です。

 

 

それで本当に「おいしい料理」になりますか?

家庭料理ならいいでしょう。

ですが、それがお金を取ってレストランで出す料理だとしたら?

 

 

声優になりたいのですよね?

それは「プロ」であって、「ギャラをもらって」

演技をするということですよね?

 

 

家庭料理の作り方を教わっても、

レストランでシェフはできません。

 

感性やセンスを頼りに演技を教わって、

プロとしての実力はつきません。

 

今の演技指導は、家庭料理の作り方を教えて

プロのシェフを育てようとしている人がほとんどです。

 

それでも、なれる人はいるでしょう。

天才、才能がある、センスがある、そんな人たちです。

 

 

冒頭でもお話しましたが、

知識や理論なくして、

「技術」は身につけられません。

 

 

センスや才能、感性に頼らずに演技を身につけるには、

理論と知識が不可欠なのです。

 

それは同時に、センスや才能、感性に頼らず、

理論と知識を土台に指導することが必要であり、

それをわかりやすく伝える技術が必要なのです。

 

それが、演技指導者に求められる技術です。

 

 

 

僕は演技教室の通常の相場よりも

かなり安い金額で、

レッスンを提供しています。

 

例えば、多くの声優志望さんが通う

某Nナレの授業料を計算してみましょう。

 

週一回コースで、初年度に30万円かかります。

授業は3時間1クラス20~25人です。

 

 

長期休みなどを抜いて単純に1年50週としましょう。

 

すると1回のレッスン費は6000円です。

1時間あたり、2000円です。

 

「おお、なんだ、そんな金額で

レッスンを受けられるのか」

と思ったあなた。

 

 

 

 

1クラス20~25人ということは、

あなた個人がその中でレッスンを受ける時間を

単純に計算してみると・・・

 

 

1レッスン180分÷1クラス20~25人

7分~9分

 

 

これだけしか、あなたが指導される時間は

割り当てられていません。

 

大手専門学校と、有名養成所との

料金の比較を作ってみました。

 

 

他にも…

・AM養成所、年間37万円

・H養成所、年間45万円

・A養成所、年間43万円

・P養成所、年間56万円

 

どの養成所も2時間~3時間のレッスン時間と、

1クラスの人数が20人前後です。

 

プロ養成塾なら月謝18,000円

クラス人数は最大8名です。

 

 

つまり、某Nナレでは、

10分足らずの時間に対して、

6000円も支払っているのです!

 

他の養成所や専門学校も同様に、

一週間に数分のレッスン時間に対し、

数千円から学校によっては一万円を超える

高額な授業料を支払っていることになります。

 

 

 

 

たった10分のレッスンを受けて、

本当に演技がうまくなるのでしょうか?

 

台本を読めというのに読み方を教えてくれず、

もっと感情を込めてとか

もっと高い音でと指導するのに、

その理由を明確に示してくれない…。

 

 

それは本当に「演技」を教えているのでしょうか?

 

 

 

十分な時間しっかりと指導を受け、

理由を明確に述べられるだけの

論理的な演技の下地がある指導を受けたら…

 

 

 

 

僕が教えられることは、こんなことがあります。

・演技とはどういうものかという理論
・台本をどう読むかという台本読解のテクニック
・台本から役を読み取り、役作りする方法
・感情のコントロールと演技への活用方法
・感情をコントロールするための内的/外的アプローチ
・演技者に必要な身体トレーニング
・セリフで必要なコミュニケーションの基礎
・日常生活を演技に役立てる意識改革
・演技術に関する実践訓練
・台詞術に関する実践訓練
・ボイスサンプルの作り方
……etc

 

様々な知識や技術を使って、

あなたに必要なものを教えていきます。

 

どう感じるのかは人それぞれだと思いますが、

僕の生徒が口を揃えて言うことは

 

「こんなこと専門でも教わりませんでした!」

「養成所でここまでやってくれたら…」

「養成所に通う前にコレを知ってたらと思うと悔しいです!」

 

という言葉です。

 

では、僕のレッスン特有の

エクササイズとどんな効果が期待できるか、

少しご紹介したいと思います。

 

 

 

このラーニングドリルでは、

以下の力を伸ばすことができます。

 

・台本から的確に情報を受け取る力

・台本のセリフを的確に読む力

・相手のセリフを正確に聞く力

・セリフに奥行きを持たせる想像力

・台本を深く読み取るための読解力

 

それだけでなく、

日常のコミュニケーションから

その効果を実感できるようになるでしょう。

 

ラーニングドリルという名称のとおり、

学習能力そのものが向上しますので、

養成所や専門でのレッスンでも

その効果が期待できます。

 

 

 

創造トレーニングでは

以下の力を伸ばすことができます。

 

・台本を読み解く読解力

・セリフに対するリアクション力

・演技に持たせるリアリティ

・イメージを組み合わせる想像力

 

セリフが相手に掛からない…

台本を理解していても演技に反映されない…

相手の演技を受けられない…

 

そんな問題を解決に導いてくれるのが、

この創造トレーニングです。

 

 

 

感情のストレッチでは

以下のことができるようになります。

 

・感情表現に頼らずに感情を演技で使う

・セリフに感情が乗るようになる

・自他共に感情に敏感になる

・日常の感情のコントロールが容易になる

・台本から感情ラインを読み取る

・演じる役からの悪影響がなくなる

 

怒っているような言い回し、

泣いている風の演技など

それっぽい「感情表現」に囚われず、

「きちんと感情が乗る演技」へ。

 

 

単色の感情表現でなく、

感情をグラデーションで使うこともでき、

感情の演技の幅が広がります。

 

役作りから感情と演技の関連も理解し、

台本読解の読みの深さや人物の理解度も

相乗的に向上するという結果が出ています。

 

 

 

専門学校や養成所で教えてくれないけれど、

演じる上で欠かすことのできない

「台本読解のテクニック」

レッスンの中で実技とともにお伝えします。

 

「台本も読めないなら辞めちまえ!」

「わからないのは読み込みが足りないんだ!」

「わかるまで読め!」

 

こんな言葉ばかりで

「台本の読み方」を教えてくれる人は

ほとんどいないのではないでしょうか。

 

台本から何を読み取って、

それをどう演技に使うのか、

どう効果的に魅せるのか

実技を通してレッスンでお伝えしていきます。

 

 

これらの「演技の基礎」を身につけられる

演技レッスンは他にはないのではないでしょうか?

 

 

 

 

僕のように才能もセンスもない人は、

ガムシャラに努力するしかない、と思っていました。

 

 

僕はガムシャラに頑張って、十数年かけて勉強してきましたし、

まだまだ勉強し続ける必要があると思っています。

 

 

ですが、あなたがプロの声優になるために、

十数年もかけて勉強する必要はないのです。

 

 

僕が、あなたに「十数年分」の努力を

効率よく教えることができるからです。

 

 

10年かけて、ガムシャラに努力してプロになりますか?

それとも、10年分のエッセンスを

効率よく学んでプロになりますか?

 

 

才能がない、センスがない人でも

プロになる道はあります。

 

そこにたどり着くまでに

どれくらい時間をかけたいですか?

 

 

自分ひとりの力でガムシャラに十数年がんばるもよし、

効率よく学んで「最短距離」でプロになるもよしです。

 

効率の良さは時間だけでなく、

費用面も関ってきます。

 

仮に10年養成機関に通ったとしたら

いくらかかるでしょうか?

 

演技のレッスンだけでなく、

ボイトレなどにも通うとしたら?

 

例えば、演技レッスンが月謝2万、

ボイトレが月謝1.5万とします。

月3.5万円、10年間通ったとしたら420万円です。

 

 

今回提供しているグループレッスンなら、

月18,000円(月4回)のレッスン

1年、2年、早い人なら数ヶ月後には

結果を出すことができるでしょう。

 

10数年という長い時間をかけて、

数百万という金額をかけて、

地道にコツコツと努力をし続けるか、

 

的確な指導と、費用対効果の高いレッスンに通って、

最短で効率よく学んで、プロの道を歩くか。

答えは、決まっていますよね?

 

 

 

 

ここまで来ても悩んでいるあなた…

これを聞いてもまだ悩みますか?

 

うちのレッスン生には、

声優案件、顔出し案件のお仕事を

タツミが個人的に紹介することが可能です。

 

おめでとうございます。

養成所や専門学校でもなかなかできない

「学びながら現場を経験する」

というシステムをプロ養成塾では確立しています。

 

・FM局のラジオ番組に出演

・CMナレーションやゲームアプリのボイス案件

・映画、ドラマ、CMの顔出し案件

 

これらの仕事の紹介を

プロ養成塾のレッスン生には、

マネジメント料なしで行っています。

 

 

まだそれでも不安だという方には、

レッスンの無料見学や、

特別価格の体験レッスンもご用意しております。

 

少しでも「興味」があるなら、

今すぐフォームからお申し込みください。

 

チャンスは常に「今」です。

 

更新日:

Copyright© 声優講師タツミの公式ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.