この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

おはようございます!

 

演技に才能はいらない!
あなたの「演技の壁」をぶち壊す
アクティングディレクターのタツミです。

 

今日は基礎トレーニングとして重要な
「滑舌」についてお話ししたいと思います。

 

滑舌については別途動画も作成予定なので、
そちらも楽しみにしていてください。

 



滑舌とは何か??

 

声優を目指している皆さんですから、
滑舌について気にしたことはあるでしょう。

 

・滑舌を鍛えろ
・滑舌が悪すぎる
・何言ってるかわからない

 

いろいろ言われると思います。

 

僕のところにも

滑舌を良くするには
どうしたら良いでしょうか?

 

という質問を何度もいただきます。

 

今まで滑舌の練習方法を
お伝えしていたのですが、

 

もしかしたら、「滑舌」というものの
本質を理解していないのではないか?

 

というところに行き着きました。

 

ここで質問です。

 

「滑舌」とはどういう意味なのでしょうか?

 

曖昧な”滑舌”という定義

 

滑舌が何を指しているかわかっている人と、
滑舌が何を指しているのかわからない人と、
どちらの方が、滑舌が良くなると思いますか?

 

僕が考えるに、滑舌を良くするには
滑舌がなにかを理解している方が
早いと思うのですが、どう思いますか?

 

昭和時代の演劇人などから指導を受けると
滑舌のことを「アーティキュレーション」
表現する人がいます。

 

・お前はアーティキュレーションが悪い
・アーティキュレーションを鍛えろ

 

なんて言われるのです。

 

アーティキュレーションとは、英語で
「発音」を意味する単語です。

 

いいですか?

 

滑舌とは「発音」を表しています。

 

では、みなさんに質問です。

 

日本語の正しい発音について、
どこまで理解していますか?

 

中学で英語を学ぶときに、
英語の発音を学びますよね?

 

なぜ、僕らは日本語の発音を
学ばないのでしょうか?

 

日本語の発音がわからなければ、
どんなに頑張っても「滑舌」は
よくなりません。

 

「滑舌を良くしたい」と考えているのであれば、
是非、日本語の発音について学んでください。