才能はないけれど、声優としてプロになれる?

 
タツミ
おはようございます。演技に才能はいらない!
知識と技術で教える演技講師タツミです。

僕は演技講師だけではなく

  • 声優ナレーター
  • 舞台俳優
  • 音響スタジオの経営
  • キャスティング事業で教え子に仕事を斡旋
  • 声優向けの書籍の出版

などもしております。

今回は「才能がないけど、プロになれる?」というテーマでお話ししたいと思います。

プロになるために才能は必要か

僕は「演技に才能はいらない」というキャッチコピーで活動しています。それもありますが、プロになるために「才能」は必要かと聞かれたら、それよりも圧倒的に「努力」できる人の方がプロにはなれると思います。

才能をわかりやすく表現するのであれば、人より成長するために時間がかからないということです。早く何かに気づいて、早くそれをできるようになる。その能力を「才能」と呼びます。

でも、それは努力がなければ花開かないものです。

才能があることがすごいのではなくて、才能がある人が努力をするからすごいのです。才能だけの問題ではありません。

わかりやすくゲームのステータスに置き換えてみます。

才能がある人は「ちから」がレベルが上がるごとに4上がるけれど、あなたは2しか上がらない。そうすると同じ努力をしても、差はどんどん開いていく。だから、才能がある人はどんどん上手くなっていくし、自分は取り残されているように感じる。そういうことだと思うんです。

簡単に表すと、「才能×努力=その人の実力」という計算式になるわけですね。その人の実力、もしくは「スキル」という言い方をしてもいいかもしれません。

じゃあ、つまり僕は才能がある人たちより実力が低いってことですね、なんて卑屈なことは考えないでください。

まだこの話には続きがあります。

スキルは磨かなければ低下する

このスキルが、ゲームと違うところか2つあります。1つはこの実力やスキルは「努力し続けないと低下する」ということです。

才能がある人の多くは「すぐにできてしまう」ので、周りと比べても自分で自分を優れていると認識します。そうするとほとんどの人が、「優越感」を持ち始めて、「自分できるから大丈夫」というおごりを持ってしまうんですね。

そういうタイプの人は、ちょっとやったらすぐ伸びると思ってるので、普段のトレーニングをサボり始めたり、熱心に取り組まなくなる人がいます。そうすると、せっかくの才能も努力がないのでスキルとして身につきません。身についたものも、日々磨き続けなければ、だんだんと衰えていくのです。

才能があってもいずれ壁にぶつかる

2つ目は「いずれ壁にぶつかる」です。人が成長する時に必ず「壁」が現れます。それは心理学用語で「プラトー」と呼ばれる状態です。

どんなに取り組んでも一向に成長を感じなくなるし時期が来ます。ダイエットの停滞期みたいにピタっと変化が止まります。

才能のある人は、やったらやっただけ成長してきているので、あまり大きな壁を感じません。なので、このプラトーにぶつかった時にもう無理だと諦めます。

そして、特に壁にぶつかってこないからこそ、プラトーは長く続きます。その間コツコツと努力しなければいけないのですが、1つ目の理由から多くの人が「自分をできる人」と思っているため、あまり努力というものをしません。そしてそのまま努力を怠ってスキルが低下していき、どんどんできなくなっていく、というのがよくあるパターンです。

一方、才能がないと嘆くあなたには、逆にチャンスになります。

コツコツと努力をして積み上げ続けてきて、途中小さな壁を何個も乗り越えてきます。そうして成長してきたあなたがプラトーの状態になったとき。

あなたが才能があると思っていた人は、あなたと互角か、もしかしたらあなたより実力が下になっています。

才能が必要なのではなく、才能は実力を効率よく伸ばすためのボーナスにしか過ぎません。そのボーナスもいずれ効果がなくなり、コツコツとレベルを上げてきた人と変わらない状態になります。

最後は努力

その時に明暗を分けるのは、やはり努力なのです。スキルを磨き続けてきたか、なのです。

あなたが的確に努力すれば、才能というボーナスがなくても、成長を早くすることはいくらでもできます。

それが演技講師の務めでもある、と思っています。

 

あなたが声優として俳優として、好きなことで生きていくことを応援しています。

あなたの旅路に幸あれ。

タツミでした、バイバイ、またね