プロになるためには1万時間の法則で努力すべし!

 
タツミ
おはようございます。演技に才能はいらない!
知識と技術で教える演技講師タツミです。

僕は演技講師だけではなく、声優ナレーターとして声の仕事をしたり、舞台俳優としてステージに立ったり、エンタメの会社を経営したり、声優向けの書籍の出版もしています。

今回のテーマは「1万時間の法則について」です。

1万時間の法則って知っていますか?

さて、1万時間の法則という言葉を多いと思いますが、改めて説明すると、ある分野のエキスパートになるためには1万時間の練習や努力、勉強が必要だという理論です。

わかりやすくいうと、1万時間努力したら一流になれるよっていう理論です。イギリスのマルコム・グラッドウェルさんが広めた理論ですね。

これを単純に計算してみましょう。

  • 1日3時間使うと1年で1,000時間、つまり、1万時間に達するまで10年かかる
  • 1日8時間使うと、1年で3,000時間、つまり1万時間まで3年と4ヶ月かかる

それだけ真剣に取り組んで、ようやく1万時間になります。それだけ努力すること、スキルを磨くことというのは大切なことなのです。

もちろん、単に時間をかければいいというものでもないので、一概に時間単位で測れるものではないとは思いますが、一つの指標としてはわかりやすい。

例えば、1日8時間とすると、社会人が働く労働時間とほぼ同じです。つまり、新社会人が一人前の仕事をこなすまでに、3年半はかかるという見方もできます。

そう考えると、石の上にも3年ということわざの信憑性も出てきますね。

1万時間の法則で努力は才能に勝るのか?

さて、この1万時間の法則では「天才には勝てない」という論文も出ています。

バイオリン奏者を集めて、非常にうまい、うまい、まあまあ、という3つの指標で分けて、それぞれの音楽歴や実績を調査したというデータがあります。

まあまあ、と評価された人たちの平均練習時間は6000時間だったのに対し、良い、非常に良いとされたグループは平均11,000時間の練習をしていたということがわかった。

というもの。ここでは努力の時間と実力の相関関係についても触れていて、努力が実力に与える影響は25%ほどと述べられています。

ここでのポイントは努力の影響が25%というデータの見方にあります。

この25%が意味しているのは、「一流のレベルに達してしまった後」の話であり、それ以前のことについては言及されていないということです。

つまり、才能がある人がそれだけ努力をしたら、努力の差では埋まらないけれど、一流のレベルに達するまでに努力は不可欠ということです。

上手い人と、めちゃくちゃ上手い人の差は努力で埋まるものではなく、生まれ持った才能と言えるかもしれませんが、「上手い」とされる一流のレベルには「努力で達成できる」ということです。

プロになりたいという方は是非この1万時間の法則を意識して、練習に励んでいただければと思います。

今回は、1万時間の法則をテーマにお話しさせていただきました。

あなたが声優として俳優として、好きなことで生きていくことを応援しています。あなたの旅路に幸あれ。以上、タツミでした、バイバイ、またね